user_mobilelogo

 

 

Jpegファイルなどの画像ファイルのサイズを縮小するフリーソフト「縮小専用AIR」でファイルが縮小出来ない件


縮小専用AIR

img01 shukusen01デジカメで撮影した写真は、そのままのサイズだとファイルサイズが大きすぎてブログにアップできなかったり、メール添付で送信することが出来なかったりします。縮小専用AIRはそういう時に「サイズを縮小する」目的で使うソフトです。以前は「縮小専用」という名前のソフトでした。有名なフリーソフトなのでご存知の方も多いかと思います。

縮小できない場合がある?

画像ファイルをドラッグ&ドロップするだけで一発で縮小できるので非常に便利なのですが、場合によっては縮小出来ないことがあるようです。

私共の経験則なので、必ずそうだとは言い切れませんが・・・画像のサイズが横4,000ピクセル×縦3,000ピクセルくらいのサイズより大きい場合は、縮小専用AIRで縮小しようとしても出来ないことが多いようです。フリーソフトなので、そこらへんに限界というか制限があるのかもしれません。(残念ながら提供してくださっている方のサイトでは、そういった説明が見つからないので確実なことが申し上げられませんが・・・)

専門のカメラマンの方とか、高性能のカメラをお持ちの方から提供された写真データなど、サイズが非常に大きいデータの場合、縮小専用AIRで縮小しようとしてもうんともすんとも言わないことがあります。

そんな時はペイントで

img02 shukusen01縮小専用AIRでサイズ縮小が出来ないという場合には、あまり深入りせずにWindows標準でついている画像編集ソフト「ペイント」を使うことをおすすめします。

縮小専用のようにクリック一発でというわけには行きませんが、エラーはほとんどなくサイズ変更出来ますので、「サイズが大きすぎて縮小専用AIRでは縮小できない」という場合の対処方法として覚えておいて無駄にはならないでしょう。

なお、縮小専用AIRがは「縮小」だけです。逆(サイズを大きくする)事はできません。

スマートフォンやタブレットの名刺認識・管理アプリとして評価の高い「CamCard」。このCamCardは「クラウド上でデータ共有」することが出来ます。今回はその方法を解説。

スマホで利用できる名刺管理アプリのひとつ「CamCard」についてチョコっとだけ解説。

名刺管理アプリ「Camcard」をスマートフォンで利用し始めて、その後別機種に機種変更した場合のデータ移行の方法。

私どもの記事は「公開日」時点での情報を元に記載しております。公開日から期間の経過している記事については内容が古くなったり、場合によっては記載内容の通りでなくなる場合もございます。ご参考にしていただく場合には、必ず自己責任にてお願い致します。